葬儀の準備

葬儀の準備

葬儀にはさまざまな準備が必要となります。葬儀の形式や規模、日程、喪主や世話役の決定など、決めておくことはたくさんあります。

まず喪主の役割ですが、喪主は遺族の代表者として葬儀を主催し弔問を受けます。喪主になると葬儀だけではなく、そのあとの年忌法要や供養までも行わなければなりません。ですので、喪主を選ぶ際には慎重さが大切です。もしも、高齢の方や子どもが喪主となる場合、親戚などの中で誰かが施主として葬儀や法事、供養などの運用の責任者として、喪主の負担を軽くしてあげましょう。 喪主や遺族は主に弔問を受ける立場なので、葬儀全般の実務を仕切ることができないので、代わりに立ち働いてくれる世話役が必要となります。世話役代表は、親戚や友人・知人から葬儀の知識と経験が豊かな人に依頼しましょう。

世話役については、葬儀の規模や内容にもより異なりますが、以下のような担当者が必要となります。

◎会計係
香典の管理や現金の出納・精算、出納帳の記帳など葬儀の経理全般を担当

◎受付係
弔問客や会葬者の受付と応対を担当

◎進行係
喪主と葬儀の司会進行に関する打ち合わせ

◎接待係
弔問客・会葬者や僧侶へのもてなしと料理の手配

葬儀社を呼んで葬儀の打ち合わせをする際は、その前に遺族や近親者が集まり、葬儀の形式や規模、予算や日程、式場などをあらかじめ話し合っておきましょう。

葬儀の形式は宗教や宗派で決まりますが、故人やご遺族の意向などをふまえて決めた方がいいでしょう。また、葬儀の日程はご遺族の都合だけでは決められません。寺院や教会、火葬場などの都合も考えなくてはなりませんので、日程を決定する前に各所に確認しておきましょう。 葬儀と宗教は切っても切れないものです。

よく聞く言葉に「宗旨」や「宗派」などがありますが、宗旨とは、仏教、キリスト教などの、ある宗教の中心的な教義のことを呼んでいます。一方、宗派とは、同一宗教で儀式の違いなどから生じた分派のことです。ですので、「宗旨は?」と聞かれたら、キリスト教か仏教かということを答えなければなりません。そして「宗派は?」と聞かれたら、浄土真宗や日蓮宗などと答えましょう。

地域別葬儀情報・東京都23区
葬儀 千代田区  葬儀 中央区  葬儀 港区  葬儀 新宿区  葬儀 文京区  葬儀 台東区  葬儀 墨田区  葬儀 江東区  葬儀 品川区  葬儀 目黒区
葬儀 大田区  葬儀 世田谷区  葬儀 渋谷区  葬儀 中野区  葬儀 杉並区
葬儀 豊島区  葬儀 北区  葬儀 荒川区  葬儀 板橋区  葬儀 練馬区
葬儀 足立区  葬儀 葛飾区  葬儀 江戸川区

 

 

Calendar