葬儀のスタイルについて

葬儀のスタイルについて

葬儀においては、全てを宗教者を呼ぶことは必ずしも必要なく、一部仏式の葬儀で音楽を流すというような方法が行われる場合もあります。

無宗教の場合には、スタイルがないだけ、何の曲をかけてどのタイミング、どのように進めていくかの相談が重要になります。

しかし、自由葬とは言ってもある程度のスタイルが出来上がっていて、家族葬においても同様です。

その葬儀のスタイルとは、開場の後に、黙祷、献奏というスタイルで行って、出席者が焼香または献花をしてお別れをして、挨拶を遺族が行った後に出棺を行うというものです。

プログラムに献奏というスタイルで入れることもありますが、お別れ時や献花時に演奏をバックグラウンドで行うというスタイルも人気ということです。

葬儀の流れ

①開会

参列者や喪主・遺族が生演奏の中入場します。

②開式の辞

司会者により開式が宣言されます。

③黙祷

静まり返るのではなく音楽が流れています。

④弔辞

⑤演奏
故人が生前好きだった曲などを中心に生演奏が行われます。

⑥献花
参列者によって献花が行われます。このとき合わせて焼香がなされる場合もあります。

⑦喪主あいさつ

⑧閉式の辞

日本で主流の仏教の葬儀とおおまかな流れは同じです。

仏教の葬儀でも最近は葬儀場では音楽がBGMとして流れることが多くあります。しかし、読経にあたる部分で音楽演奏が入るところが仏教の葬儀とは大きく違う葬儀の特徴なのです。

家族葬について

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar