債務者の協力が欠かせない任意売却

債務者の協力が欠かせない任意売却

任意売却のメリットとして、引越し代金を受け取れるというものがあります。
本来不動産の売却代金は債務の返済に全額充てられるはずですが、こういったお金を債務者が受け取れるのはなぜでしょうか。
任意売却は債務者がまったくノータッチである競売と異なり、債権者と債務者が協力し合って問題の解決を目指すという性質のものです。
任意売却は、債権者にとっても債権の回収額を増やしつつ競売手数料の支出をせずに済むというメリットがありますが、これを成立させるには債務者の協力が必要不可欠です。よって、任意売却に協力した債務者にはその見返りとして引越し費用などを支払うという規定を各社は設けているのです。
ということは逆に言えば、任意売却は債務者の協力がなければ成立しないということです。
実際に新たな買い手が見つかったのに、債務者が見学を断り続けるという非協力的な態度をとったため任意売却が不成立に終わり、その住宅は競売にかけられてしまったというケースも存在します。


任意売却の意味を知っていますか?

任意売却って知っていますか?
難しい言葉で分かりにくいかもしれませんが、任意売却とは 簡単に言うと自分の意思で自宅を売却するという事なんです。
そして今、この任意売却をする人が増えているというのです。 なぜ任意売却が増えているのかというと… 住宅ローンを組んだ際にボーナス払いを組み込んだり、その当時の給料から めいっぱいのローンを組んだりした方がこの不景気でボーナスカットや給料減額 、会社が倒産などという状態になりローンが払えなくなってしまうという事が増えているからなんです。
それ以外にも離婚などの家庭の事情という理由もあるとは思いますが。 こうやって聞くととても悲しい現実のように感じるかもしれませんが、 競売にかけられるよりよっぽど良い制度なんですよ☆ 競売にかけられてしまえば売却価格も市場価格の何割かにしかなりませんので 売却後に住宅ローンに充てられる金額もおのずと減ってしまいます。
という事は売却後も借金だけたくさん残り住宅も無くなるという… もっと悲惨な結果になってしまうんですね。 任意売却だと価格は市場価格にも近くなりますし上手くいけばそのまま住み続けることも可能になります。
任意売却は競売なんかよりよっぽど親切な制度なんです☆ 

東京都下(市部)】
任意売却 八王子市/ 任意売却 立川市/ 任意売却  武蔵野市/ 任意売却 三鷹市/ 任意売却 青梅市/ 任意売却 府中市/ 任意売却 昭島市/ 任意売却 調布市/ 任意売却 町田市/ 任意売却 小金井市
任意売却 小平市/ 任意売却 日野市/ 任意売却 東村山市
任意売却 国分寺市/ 任意売却 国立市/ 任意売却 福生市/ 任意売却 狛江市/ 任意売却 東大和市/ 任意売却 清瀬市/ 任意売却 東久留米市/ 任意売却 武蔵村山市/ 任意売却 多摩市
任意売却 稲城市/ 任意売却 羽村市/ 任意売却 あきる野市/ 任意売却 西東京市 任意売却 瑞穂町/ 任意売却 日の出町/ 任意売却 檜原村/ 任意売却 奥多摩町

Calendar