仏教式の葬儀と告別式の始まり

仏教式の葬儀と告別式の始まり

そもそも一般的に仏教式で葬儀が行われるようになったのはいつからなのでしょうか。きっかけは、キリスト教信徒に対し改宗を強制することを目的として江戸時代に制定された寺請制度(てらうけせいど)が始まりといわれています。

檀家(だんか)制度または、寺檀制度(じだんせいど)とも言いますが、寺院から仏教の信徒として証明されて、いずれかの寺院を菩提寺と定めて、その檀家となる事を民衆が義務付けられたのです。それと同時にお墓も寺院内に作られるようになったそうです。

檀家とは、ひとつの寺の信徒となってお布施などの経済的援助を持続して行い、葬式・法事などを行なってもらう家やその家の人のことをいいます。その寺請制度の前までは、葬儀はさまざまな形で行われていたそうで、ほとんどの場合は儀式と呼べるようなものではなく簡素なものが多かったということです。

寺請制度による寺院と檀家との関係ができたのち、明治時代になると政府は神道を国教化し推し進めます。今日の葬儀のように仏教式や神道式が日本で主流となった理由はこういった歴史と政治の流れがあってのことなのです。そういう背景を考えると、無宗教葬の考え方にも肯定性が高められる気がしなくはないですね。

葬儀の歴史はこういったところですが、告別式にも歴史があるのです。これも明治時代にさかのぼりますが、ルソーの「民約論」を訳した“日本のルソー”とも呼ばれた中江兆民(なかえちょうみん)氏がきっかけだそうです。自分は宗教を信仰しないので葬式は不要だとして死んだあとにはただちに荼毘(だび)に移し、火葬すること、遺骨と灰は海に放棄することを希望したということから、遺族はそれを実行し、お墓も建てませんでした。しかし、遺族がとまどわなかったわけがありませんよね。遺族は板垣退助などの友人に相談をしたところ、宗教色を取り去った形はどうかと考え出されたのが告別式と呼ばれるセレモニーだったということだそうです。

中江兆民の著書「一年有半(いちねんゆうはん)」にその遺志が遺されているそうです。無宗教を主張した中江兆民のために始まった告別式が、現在では宗教による葬儀と並んで行われるようになったと考えると、なんだか不思議な感じがしてきますね。

■ 横浜、川崎の家族葬
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar