無宗教葬の流れを考える

無宗教葬の流れを考える

一言に無宗教葬というくくりでお話ししても、スタイルを問わない葬儀のためいろいろなパターンがありますよね。ここからは無宗教葬の例をご紹介していこうと思います。

仏式の葬儀であれば一般的に、通夜・葬儀・告別式・火葬という流れで行われるものですが、葬儀自体をもっとシンプルにしたいと考えて違う方法を選ぶ人もいます。会葬者の訪問を受け付けず、通夜を行わずに家族だけでゆっくりお別れのときまでの時間を過ごしたいという、いわゆる家族葬の考え方や、葬儀・告別式を行わずに遺体の安置所から直接火葬場へ向かい、僧侶を呼んで読経してもらった後に火葬してお別れするといった直葬と呼ばれるスタイルも多くなってきまた。

では無宗教葬の場合は、どういった形なのかと問われると一言で言うには少し難しくなりますね。宗教を問わない墓地に埋葬する場合や、お墓を建てずに散骨などをする自然葬の場合、通夜から火葬までの一連の流れを無宗教葬で行う場合、無宗教式で火葬だけを行うといったシンプルな場合、火葬・密葬を済ませたあとでお別れ会を行う場合など、特に決まりというものがないのですから。それだけに、会葬者側は特に戸惑う人がまだまだ多いそうです。

無宗教葬では焼香や線香の替わりに献花をする事で故人への感謝の意を示すといったやり方が一般的となりつつあるようですが、故人の前で手を合わされる人なども多いそうです。献花に使う花は白菊、白のカーネーション、または故人の好きな花を使用し、参列者の為に用意します。また、無宗教葬儀の運営での難点は式の時間配分であり、会葬者には空白の時間が無いよう、ご遺族は配慮をしなければいけません。テンポのゆっくりしたクラシックなどの音楽をBGMとして流すことで空気も和みやすくなりますね。

お別れ会などであれば、密葬などを行って火葬してから改めて日程を組んだりできるので時間的な余裕ができるため企画や準備がしやすいのでこちらの方が遺族としては気持ちもずいぶん楽かもしれませんね。最近では、芸能人なども宗旨に合った密葬を行い、のちに多くのファンや関係者などの参加者用にお別れ会をもつといった流れが、テレビでも放送されていますね。

時間とお金もかかることなので一概には決められるものではないのでしょうが、仏式で密葬を行いお別れ会、といった流れであれば仏式にこだわる親族にも納得していただけるし、故人も希望も叶え易くなるのかもしれませんね。

■ 神奈川の家族葬
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar