社葬とは

社葬とは

社葬とは、会社の社長や会長が亡くなったときに行う葬式の形式です。社葬には合同葬といって、家族と会社が共に施主となり行う場合もあります。

合同葬の場合、同族会社などで多く見かけ葬儀スタイルですが、流れは一般の葬儀と同じく、お通夜と告別式を行い荼毘に付す火葬となります。 また、お通夜と告別式、火葬で荼毘に付して初七日法要まではご家族だけで密葬し、その後に会社が主体となり社葬を行うスタイルもあります。

このような密葬+社葬の場合、社葬は密葬から数週間の期間をおいて行うのが一般的です。 社葬は、よく派手で盛大なもの見かけることも少なくありませんが、必ずしも盛大に行わなければならないという決まりはありません。家族葬や一日葬などと同じく、規模や形式ではなく、亡くなられた故人を温かくお見送りしたいという気持ちを重視し、最近では、ホテルなどで「偲ぶ会」や「お別れ会」という形で故人を偲ぶ社葬を希望されるケースも増えています。

一般的な社葬の場合、「葬儀委員会」「葬儀実行委員会」を設置し、準備や運営にあたります。 葬儀委員は通常、その会社の役員全員が担います。代表となる葬儀委員長は、会社の顔ともなり、葬儀の決定権や責任を担います。そのため、会長が亡くなられたのであれば社長が担うのが一般的ですし、社長が亡くなられた場合は、副社長や次期社長候補が委員長となるパターンがほとんどです。 ですので、葬儀委員は役員が中心となり、実際に企画や実務を担当するのは葬儀実行委員会となります。受付をはじめ案内、会計、来賓世話役などが実行委員の役目となります。

社葬ともなれば一般の葬儀と違い、多数のお手伝いを必要とすることがほとんどです。そのため、実行委員会のメンバーに経験の浅い方が多い会社などは、人数が不足することもあるでしょう。その場合は、葬儀業者にサポート要員がいるはずですので相談してみましょう。 社葬にかかる費用は、ご会葬者の予定数、会場などにより異なりますので、その規模によりかなり差が出ます。ただし、社葬にかかった費用は、経費として処理できますので、葬儀費用はもちろんのこと、スタッフの人件費やハイヤー、マイクロバスなど、少額のものでも領収書をもらうようにしてください。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar