香典

香典

通夜や葬儀に参列する場合、香典を準備して出向きますが、いつも迷うのがその金額ではありませんか?故人との間柄や自分の年齢などによってさまざまなのですが、他の人はいったいいくらくらい包んでるのかなど、どうしても気になってしまいますよね。同じ同僚でありながら他の同僚よりも俄然少なくては申し訳ないし、あまりつきあいのなかった親族の場合はどのくらいなものなのかさっぱりという人も多いでしょうね。自分との関係から見た場合の相場を以下に書きます。

【両親】:5万円~ 
【祖父母】:2万~5万円 
【兄弟姉妹】:2万~5万円 
【親戚】:1万~5万円 
【友人・知人・隣人】:5000円~2万円 
【仕事関係者】:5000円~2万円 
【 顔見知り程度】:3000円~1万円。 

そのほかにお花やお菓子などの供物を贈る場合にはだいたい1万円からになります。個人名で出すのも良いですが「友人一同」「親戚一同」「○○会社」などとして複数人でまとめて出すことも多いです。会社や町内会などでは、最初から相場や金額が決まっている場合もあるようです。香典は高い金額なら良いというものでもないですね。現実には1000円前後の返礼品や通夜料理、飲み物などを出すことによって、場合によっては赤字になってしまうこともあります。良かれと思って渡した香典によっては香典返しも特別なものを用意させてしまうことになってしまったりと、気持ちの面でも金銭的にも負担を増やしてしまうことにもなりかねませんね。

さて、お札についてですが、結婚式の場合のお祝儀には新札を入れることが礼儀となっていますが、葬儀の場合にはどうでしょうか。やはりお祝儀とは逆になりますね。葬儀の場合に新札を使うと、前もって準備していたかのように受け取られてしまっては失礼なので、古いお札を使うのが礼儀です。しかしもしも新札しかないという場合には、あえて折り目をつけて渡せば問題ないようです。さらに気遣いを入れるのであれば、渡す香典の金額に4と9がつく額は渡さないようにします。お祝儀の時も2で割り切れる偶数は使わず、20,000円を渡したい場合には5円玉を入れてご縁がありますようにという意味を添えて20,005円で渡したりします。これも迷信ではありますが4や9は「死」を連想させる数字として昔から気にされてきた数字ですから避けた方が無難でしょうね。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar